主页 > 食品科学 > 正文

フレッシュマンセミナー

时间: 来源: 网络整理浏览:

第2回フレッシュマンセミナー 参加者募集

開催趣旨
当学会は,食に関わる基礎研究から応用研究を展開し,それらの成果により食品関連産業と共に
社会に貢献することを目的としております.この目的達成には,高い専門性や技術力とともに異
分野の研究者間の交流は不可欠な要素です.
そこで当学会では,次世代を担う若手の育成と横断的な技術交流の促進を目的として,産官学の
若手研究者(学生・大学院生を含む)を対象に「フレッシュマンセミナー」を企画しました.平成30年11月に第1回を開催したところ,多くの方にご参加頂き,ご好評を賜りました.
引き続き本年度も「第2回フレッシュマンセミナー」として,下記要領にて開催する運びとなり
ましたので,奮ってご参加下さい.
セミナーについて
主催:公益社団法人日本食品科学工学会
開催日時:11月14 日(木)13時00 分(12時15分受付開始)∼11月15 日(金)16時00分
開催場所:東京農業大学1号館4階433会議室
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
アクセスMAP http : //www.nodai.ac.jp/access/map_s.html
ご来場の際は公共交通機関をご利用頂くようお願い致します.
★宿泊は,参加者各自でご手配をお願い致します.
① 初日に食品化学・食品工学・食品バイオの3分野の第一人者を講師に招き,基礎技術も含めた
最近の技術開発と応用に関する講義を行います.2 日目は第一線の研究者によるトピックス
講演を行います.
② 講義・講演は質疑応答・ディスカッションを含め90分間です.
③ 参加された方々や講師の先生方とのネットワーキングを目的として,懇親会を開催します.
④ 2 日目には,貸し切りバスで移動して,キユーピー株式会社様の仙川キユーポート研究施設を
視察致します.

講義タイトルと講師紹介

分野   講義タイトル

  講師氏名

  所属・役職

 
食品化学

  醤油をさらに愛される調味料にするために   仲原丈晴先生   キッコーマン株式会社
研究開発本部・チームリーダー

 
食品工学

  食品の乳化とその評価技術

  松宮健太郎先生   京都大学大学院
農学研究科・助教

 
食品バイオ

  加工食品での酵素の利用例(仮題)

  廣瀬文之先生   味の素株式会社
食品研究所技術開発センター
 
トピックス

  4 年目を迎えた機能性表示食品制度
と機能性農産物開発

  山本万里先生   農研機構
企画戦略本部・研究管理役
 

セミナー時間割

1114日(木)  
12:15∼13:00

13:00∼14:30

14:30∼16:00

16:00∼16:15

16:15∼17:45

17:45∼18:15

18:15∼20:00
  受付,開講(12:55∼13:00挨拶)

講義Ⅰ 食品化学分野:仲原丈晴先生(キッコーマン株式会社)

講義Ⅱ 食品工学分野:松宮健太郎先生(京都大学大学院)

休憩

講義Ⅲ 食品バイオ分野:廣瀬文之先生(味の素株式会社)

集合記念写真撮影・懇親会場へ移動

懇親会(立食形式)
 
1115日(金)  
9:30∼11:00

11:00∼11:30

11:30∼13:30

13:30∼15:30

15:30∼16:00
  トピックス講演:山本万里先生(農研機構)

総合討論

昼食および貸し切りバスで視察先移動

キユーピー株式会社仙川キユーポート研究施設

アンケート記入・回収,受講修了証授与,閉講
 
关键词阅读:     
上一篇:2020辽宁考研复试调剂:食品科学与工程 下一篇:中国食品科学技术学会正式启动“未来科学领袖计划